旅慣れても遭うのが犯罪!盗難や詐欺などから身を守るためにすべきこと

常に警戒を怠らないことが大事!

海外旅行を良い思い出にするために、警察のお世話になるようなことは避けたいところです。海外トラブルの代表格と言えるのが、盗難です。近代国家であっても、日本では考えられないようなすりや引ったくりの犯罪が横行している国もあります。その国のモラルや警察の能力に疑問を持つよりも第一に、自分で身を守るのが賢明と言えるでしょう。
海外で遭う犯罪被害の多くは、窃盗や詐欺、睡眠薬強盗です。友人になれたと思った人であっても油断は禁物。常に金品を盗まれないためにガードは硬くしておきましょう。

犯罪を予防するためにしておきたいこと

昔ながらの方法ですが、お金を分散して持つことは大変有効です。大金を財布に入れておくことは避けて、分散して持ちます。現金は最小限に止め、クレジットカードやプリペイドカードなどを併せて持つのが主流となっています。カードは財布とは別の場所、例えばカギ付きのバッグやスキミング防止セキュリティポーチなどに入れましょう。

また、パスポートもセキュリティポーチなどに入れて盗難を防止します。パスポートはお金以上に大切と言えます。本当に困ったときに助けてくれる日本大使館へも、パスポートで身分を証明できなければ駆け込むことができません。
それから、ホテルの居室であっても油断大敵です。居室にはセーフティボックスが備えられていますが、合鍵を持つ従業員によって盗まれるケースもゼロではありません。やはり金品やパスポートなど大切なものは、肌身離さず持っておくのが重要です。

アドドドヴェンチャーで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です